この間、ボリュームライセンス版のOffice2019をインストールする機会があったので、備忘録としてインストール手順を載せます。


〜事前準備〜

まずはプログラムの準備。
VLSCにログインし、「Deployments Tools」をダウンロードし、EXEを実行します。
すると、「setup.exe」といくつかのxmlファイルが解凍されます。
※どうやら2019からはMSI形式のインストーラは提供されず、クイック形式のインストールになったようです。

xmlファイルの記述に関しては以下のサイトを参考にしました。

<Office2019の展開ガイド>
https://docs.microsoft.com/ja-jp/DeployOffice/office2019/deploy


とりあえず、日本語版で32bitのStandardをインストールするために下記のようにxmlを作成


〜xmlファイルの記述(config.xml)〜

<Add OfficeClientEdition="32" Channel="PerpetualVL2019">
      <Product ID="Standard2019Volume" >
         <Language ID="ja-jp" />
      </Product>
  </Add>
</Configuration>

それぞれの値を表にまとめるとこんな感じです↓↓↓
項目製品(意味)
OfficeClientEdition
3232ビット版
6464ビット版
Product ID
Standard2019Volume2019 スタンダード
ProPlus2019Volume2019 プロプラス
ChannelPerpetualVL2019ボリュームライセンス版
Language IDja-jp日本語
ExcludeApp IDOutlookOutlookのインストールを除外

※今回は使用していないが「ExcludeApp ID」というのを使用すれば、インストールさせない個別アプリケーションの指定も可能。(Outlook以外も当然可能)
 xmlの記述を抜粋するとこんな感じ
    <Add OfficeClientEdition="32" Channel="PerpetualVL2019">
      <Product ID="Standard2019Volume" > 
        <Language ID="ja-jp" />
        <ExcludeApp ID="Outlook" />
      </Product>
    </Add>


準備ができたら、「setup.exe」と「config.xml」を同じフォルダに配置する。
その後、管理者権限でコマンドプロンプトを実行し、以下のコマンドを実行する。

〜インストールコマンド〜

cd <配置したフォルダ>
setup.exe /configure config.xml

あとはインストールされるのを待って、完了後にプロダクトキーでアクティベートして完了。

無事インストール出来るまでに1時間ほどかかってしまった。。。(´・ω・`)


ただし、これだと毎回インターネットからOfficeプログラムをダウンロードするため、複数台をインストールしようとすると非効率。
その為ソースファイルをダウンロードする引数もある!!

〜ソースファイルのダウンロードコマンド〜

cd <配置したフォルダ>
setup.exe /download config.xml

これで実行したカレントディレクトリにOfficeフォルダが作成され、そこにソースファイルがダウンロードされます。
ここで注意することがあり、ソースファイルダウンロード中はコマンドプロンプトを閉じてはいけません!!!!
※ここで閉じるとバックグラウンドで実行されているダウンロードも中断されます。


インターネット回線の状況にもよりますが、20〜30分あればダウンロード終わるかと思います。
その後、Officeフォルダのプロパティを確認し、1GB以上あればダウンロードに成功していると判断していいようです。


作成された「Officeフォルダ」・「setup.exe」・「config.xml」の3つを同じフォルダに配置した後、/configure引数でインストールすればオフラインでもインストール可能でした。
※このソースファイルは使い回しが可能なので、1回ダウンロードしたら他のPCにコピーして実行が可能です。

色々と勉強になりました!!!
スポンサードリンク